男の硬い約束。バイアグラ・シアリス・レビトラ・ED治療薬を徹底比較。

ED治療で生涯現役。貴女へ男の硬い約束を誓います。

個人輸入代行の使い方

これまでに、海外医薬品の個人輸入代行のお話を何度がさせて頂きましたが、
個人輸入代行を利用する事に対してのメリット・デメリットをご紹介しましょう。
日本国内では認可されていない海外医薬品も個人輸入であれば使用する事も可能です。処方箋も不要です。
この部分が逆にデメリットになる可能性もあり、個人輸入は自分の責任で利用しなければなりません。
処方箋が無いという事は、お医者さんの確認が無くても購入が出来るという事ですので、
薬に対しての知識が必要です。

海外医薬品の輸入代行の上手な使い方、
「ジェネリック医薬品を安価に手に入れてお薬代を安く抑える事が出来る」方法をお教えしましょう。
ジェネリック医薬品とは、新薬(最初に開発されたお薬)の特許が切れる数年前から、
新薬と同成分で開発が開始されます。
【新薬と同成分=同じ効果・安全性】なので、開発期間と開発費を大幅に下げる事が出来るので、
お薬代も安く販売する事が可能となります。
ちなみに、新薬の開発期間は20年程度で数百億かかると言われていますが、
ジェネリック医薬品は3年程度の開発期間で数千万~数億程度と言われています。
ジェネリック医薬品の開発には、新薬の改良が加えられる事があり、
錠剤であれば飲みやすい形状に変更されたり、チュアブル(アメ)タイプやジェルタイプなど
使用しやすいように変更されている物もあります。

例えば、レビトラを日本で処方されている方は1錠1300~1500円程度で購入されています。
レビトラのジェネリック医薬品である【バリフ】はレビトラと同成分なので、
同じ効果・安全性があり、1錠あたり200~250円程度で購入可能です。
日本で処方されたことの有るレビトラ(同じ薬を使用しても問題ないという確認済み)を、
海外医薬品の輸入代行を利用する事によって、
同じ成分で同じ効果・安全性の有るレビトラのジェネリック医薬品を
安価で購入する事が出来るといった仕組みです。
また、国境なき医師団も経済的理由から、治療に使われるお薬の殆どを
海外ジェネリック医薬品を使用しています。
長期間継続して使うお薬にはかなりのコストダウンが可能です。
日本でも、ジェネリック医薬品推奨を推し進めていますが、まだまだ浸透していません。

但し、偽物の医薬品を送ってきたりする悪質な輸入代行業者もいるので、注意が必要です。
正しい知識を身につけて、海外医薬品の個人輸入代行を利用すれば、様々なメリットがあります。

Copyright (C) ED治療で生涯現役。貴女へ男の硬い約束を誓います。 All Rights Reserved.